好きと嫌い

おはようございます。
女性の笑顔のサポーター ドレスデザイナー KUMI OHARAです。


好きなことって、何にも言われなくても、やってしまいますよね?

嫌いなことって、ヤレって言われてもなかなか、やれなかったりします。


昔から、「好きこそものの上手なれ」と言いますが、本当にその通りで、好きなことは、自らどんどん追求していくので、上達も早い!
上達が早いので、褒めてもらえるケースが増える。
もっと好きになる!


そんな流れな気がします。


好きなことだと、少々いやだいぶ嫌なことがあっても、踏ん張りが効きます!


でも、嫌いなことはちょっと嫌なことがあっても、もうどうしようもなく、ダメになってしまいます。



昔ながらの根性論で、何でも「気合いがないから出来ないんだ!」
なんて、良く言われました。


でもそれは、根本の好きがあってこその気合い!

根本の大前提が間違っていては、気合いが空回りして、より「がんばったのに出来なかった」がインプットされていきます。


私は、嫌いなことを一切やらなくていい!好きなことだけやってればいい!って考え方はあまり好きではありません。

そうではなくて、大前提の好きなことをやるために、苦手なことをクリアしていくことが大事だと思います。


好き


が前提の嫌いなことをやる。


でも、嫌いなことが前提の動きでは、「何のために」がズレてしまって、力は発揮できないもの。


それは「何のために」やるんですか?


根本さえ間違ってなければ、方法は無限大!


色んな方法を試してみたらいいですよね?




今日も読んでいただき、ありがとうございます。

Dress Designer KUMI OHARA

女性の笑顔のサポーター

0コメント

  • 1000 / 1000