起業してからどんなことをやってきたのかな?第五弾

おはようございます。
女性の笑顔のサポーター ドレスデザイナー KUMI OHARAです。


起業してからシリーズが、まさかの3年目の時点で第五弾。

長くなっちゃって、すみません(笑)

気長に時間のあるときに、読んでいただけたら、嬉しいです。


第一弾はこちら→
第二弾はこちら→
第三弾はこちら→
第四弾はこちら→


BNIに入会して、充実した毎日を過ごすことができてました。

毎週朝の7時からの営業会議といった感じでしょうか?

そこの中でたくさんの商談が、されています。


そして、たくさんのビジターさんが毎週来て下さり、どんどん新しい人脈と出会うことができます。


私が入ったときには、「輝きフェスタ」という、企業展をやろう!ということで盛り上がっているところでした。


ここで、私はブライダルパワーチームに参加しました。

パワーチームとは、同じターゲットの方が集まって、お互いにビジネスを円滑に進めるチームです。

こちら側としても、必要な顧客を共有することができますし、お客様にとっても、必要なものが、一ヶ所で手に入ってとっても楽チンです。


ずっとやりたかった、ウェディングド レス。

やりたかったというか、やっていたのですが、なかなか需要がなかった。というのが正しいのですが、ここでブライダルに本格的に力を入れたい!と思い、ブライダルパワーチームに入ることにしました。


ウェディングドレスをガラッとイメージを変える「みかわり帯」の開発もしました。

2着は着れないけど、イメージを変えたい!って方にオススメのアイテムです。



そんな中、同じBNIメンバーにコアーキングスペースのトライアルビレッジを経営している柴田さんがいました。

コアーキングスペースとは、いわゆるシェアオフィスです。

自分だけの空間ではありませんが、色々な方と知り合いにもなれますし、コラボ企画なども生まれたり、何より初期費用やランニングコストが本当に安くなります。


毎月の費用を捻出するのの、大変さを改めて感じていた私は、ものすごく悩みましたが、トライアルビレッジに移転をすることを決めました。


せっかく店舗を出したのに…

という思いはかなりありましたが、毎月のコストを比較すると、なるべく早く移転をして、利益の出る仕組みを作る方が先決だと考えました。


そんなことで、2014年7月にトライアルビレッジに移転。



この時気づいたこと。

私は、「店舗を持つ」が目的になってしまっていたこと。

店舗を持つのは過程であって、目的ではない。

なんのために店舗が必要なのか?

店舗を使って、どのように売上げを伸ばすのか?


それで、どんな風にお客様に喜んでいただくのか?


そこが全然なってなかった。

ただただ、店舗を持ちたい。

になっていたなぁ。と思います。


それから、BNIメンバー主催の企業展「輝きフェスタ」で、私はブライダルパワーチームの一員として、ファッションショーに参加しました。



ウェディングドレスと、オーダースーツのバルコンスズトヨさんとのコラボ企画で、お揃いの生地を一部使った、フロックコート。


大盛況のまま、終わることがらできました。


個人ではなく、パワーチーム全体でのファッションショー。


大きい舞台での経験の多い、方々との企画は大変勉強になりました。


値上げをして注文がいただきにくくなっていたのですが、紹介していただいた、縫製工場により単価を下げることができることになりました。

単価を下げても利益が出る。


これできっと売上げも上がるはず。

そんな風に考えていました。


が、そこが自分がやりたいことと、ズレていることに、その時の私は気づきませんでした。


お客様にオーダーの素晴らしさを伝えたい。

自分の身体のラインにぴったり合うお洋服は、すごく素敵で、その人の良さをより引き立てくれる。


そう信じて、はじめたはずのビジネス。


ですが、今回の工場に投げるという選択は、サイズが入るもの。

というところまで落としてしまうものでもありました。

パターン(服を作る為の基本のカタチのもの)を持ち込ませてもらえないため、採寸して、サイズ通り作ってもらうので、その方にとっても、気になるところがカバーされません。


SML展開よりは、多少マシになってしまっていました。


※もちろん、全部がそうだった訳ではありません。が、自分が納得ができる。というのが難しかった。ということです。


せっかく、安くなって戻ってきて下さった、お客様も満足度の意味では低下させてしまっていた。


どんどん経営自体も苦しくなり、本当どうしていいのかわからなくなっていました。



そんな時にあるセミナーに声をかけていただき、参加しました。


苦しくて苦しくて、しょうがなかった時なので、何かにとってもすがりたかった。

どんどん勉強会などにのめりこんでいきました。


もちろん、それが悪い訳ではないのですが、私にとっては、優先順位が違っていた。もっと他にやるべきことがあったと思うのですが、とにかく恐怖を無くしたくて、何かにすがりたかった。

何かにすがる思いではじめたものは、やっぱりうまくいきません。

もっとこうしたい!
もっとこうなりたい!

そのためには、これが必要!

ならいいのですが、


すがる。

は、何かにしがみつきたいだけで、自分の足で立とうとしてない状況なので、本当に良くないと思います。


そんなこんなで、経営もめちゃめちゃ大変なのに、セミナーにお金や時間を使ってしまう。


そんな自分になってしまっていました。


何だか良くわからない、相手がいう目標に、刷り込まれていく。


私が目指す目標を見失っていく。


どんどん悪循環になっていきました。


3年目はこんな感じ。


立っているのが精一杯で、「誰か助けて!」と常に思っていました。

でも、プライドが邪魔をするし、どうしたらいちのかわからないし、冷静な判断が出来なくなっていた時期だったと思います。


※ここで、話したセミナーが悪かったという話ではありませんので、ご理解下さい。その時の自分にとって、ちょっと違っていた。ということです。


4年目に続きます(笑)






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
女性の笑顔のサポーター ドレスデザイナー KUMI OHARA


和couture〜和テイストのオーダードレス
Liberté〜着るだけで理想のボディ「ボディメイクシリーズ」
LALA代理店〜かわいくスタイルアップ!脱がない勝負下着


愛知県豊橋市広小路1-18
ユメックスビル5階 トライアルビレッジ内
TEL:0533-74-1253












0コメント

  • 1000 / 1000