仮縫い合わせ

おはようございます。
女性の笑顔のサポーター ドレスデザイナー KUMI OHARAです。


昨日は、ボディメイクトップスの仮縫い合わせに来て下さいました。


ボディメイクシリーズは、前回紹介したシーチングと違い、別のニット生地にて仮縫いをさせていただきます。
(前回の記事はこちら→)




首周りや、丈、大きさなどなど、細かく確認をして、最終的に詰めていきます。


この確認をして、本縫いに入らせていただきます。


この仮縫いは、学校で習ったものではなく、私が考えたものです。

ニット素材のものを、シーチングの伸びない素材のもので、仮縫いをしても、全く別のものになってしまいます。


なので、一旦ニットの別の生地にて、仮縫いをすることで、しっかりとイメージしていただけると思い、この方法をとっています。


サンプルのパターンと大きく変更がない場合は、仮縫いをしなくても、大丈夫です。


でも、変更が多い場合や細かいこだわりの多い方は、仮縫いをした方が間違いないです。

仮縫いはオプションで10,000円(税別)です。


昨日、お話させていただいて、嬉しかったこと。


「私だけがこの話聞いてるの、勿体無い!今までの経験を、娘さんに漫画にしてもらったら?」


なんて言っていただき、とっても嬉しかったです。



私としては、そんな勿体無いような素晴らしい話はできてないと、思うんですが、そう感じてくれたってことが、とても嬉しい。


いつも、話し込んでしまって、長話になっちゃって、すみません。


昨日は、今の仕事をやる前にやっていた、防犯のセキュリティシステムの、営業の時の話なんかもしてました。



私が営業でやってきたことは、アポが一件入ってたら、その周りを3軒は飛込み営業をかけてくる。

ってこと。


最初は、通り一遍な同じ営業しかできなかったのですが、その会社や店舗の自分が感じた『良い』と思うところを伝えるように変えました。


内部にいると気づかないことだったり、強いこだわりがあってやってる部分の場合は、相手が喜んでくださり、色々お話してくださいます。



この店舗さんで、困ってることって何だろう?

と自分なりに分析して、「こういうところって困ってませんか?」などと聞いてみると、またそれに対しての意見を言って下さいます。


そこから、うちのシステムで役に立つものがあれば、「こんなのあったら、どうですか?」と投げかけると、興味があれば話を聞いて下さいます。



その店舗さんや会社さんでは、必要がなくても「こういうところなら、それ助かるかもね?」なんて、アイデアをいただけたりします。


そこをまた回る。


の繰り返し。


私は、結局1年も営業はしてませんでした。


1年弱ぐらい。


でも、学べたことがとても多かったですね。


営業に行かせてもらってなかったら、起業するなんて、あり得なかっただろうし、営業ができてとても良かったと思ってます。



私の人生、色々なことの積み重ねで今があるんだなぁ。と改めて実感します。



そして、こういう話を1人で聞くのは勿体無い。なんて言って下さる。

とっても嬉しく思いました。



今日も、読んでいただき、ありがとうございます。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
女性の笑顔のサポーター ドレスデザイナー KUMI OHARA


オーダードレス、オーダーワンピース、オーダー衣装
豊橋、豊川、新城、浜松、蒲郡、名古屋、岡崎


●和couture〜和テイストのオーダードレス
●Liberté〜着るだけで理想のボディ「ボディメイクシリーズ」
●LALA代理店〜かわいくスタイルアップ!脱がない勝負下着


愛知県豊橋市広小路1-18
ユメックスビル5階 トライアルビレッジ内
TEL:0533-74-1253











Dress Designer KUMI OHARA

女性の笑顔のサポーター

0コメント

  • 1000 / 1000