起業の在り方

おはようございます。

女性の笑顔のサポーター ドレスデザイナーKUMI OHARAです。


facebookのお友達で、私の数秘&カラーの先生の、ブログ記事が凄く共感したので、勝手にご紹介。


「好きなこと」を仕事に=楽しい?

「好きなことを仕事にする」。 すごく聴こえのいい言葉です。 起業女子、とかいう言葉が流行して、 おうちサロン、とかが流行して、 プチ起業、なんていうフレーズをよく耳にして。 名刺を持ったり、SNSを活用する人も多くなって来ました。 そんな中、今日目に止まった、 私が大好きなお二人の記事。 ▶︎澤井麻衣子ちゃんのブログ。 https://ameblo.jp/maicolor-linum/entry-12325455046.html ▶︎村上秀美さんのブログ。 https://ameblo.jp/craft-trillium/entry-12325266599.html お二人とも、私のサロンで学んでくださったことがご縁で、未だに懇意にさせてもらってますが、 立派に「成功していらっしゃる」起業家さんです。 この記事、共通してると思いませんか? 実は私も、ずっと思っていることと同じだったので、 読んでて、首がモゲそうでした(笑) 好きなことを仕事にするのはとてもいいこと。 私もそうです。 確かに。 キライなことは仕事にしていません。 だけど。 好きなこと=楽(ラク)ではない。 「苦手なこと」もやらなくちゃいけない。 「超えなきゃいけない」壁なんていっぱい。 「苦しいこと」もたくさんある。 「人間関係」だってイヤなら捨てちゃえばいい、訳ではない。 これが「仕事」のリアル、です。 経済を回していく「仕事」なのです。 『お仕事セラピー』のセッションなどの際に、 どうしてその仕事をしていますか? という「Why」の部分をお聞きすることがあります。 その時、例えば、 (私の場合は、セラピストという仕事なので、 どうしてもそれが例えに出ますが) 「人の体を触らせて(施術)いただいているのが好きなので」 「トリートメントをしているとすごく幸せ」 という言い方が真っ先に出てくる人は… う〜ん… 「仕事」として成功はしていない気がします。 例えばコンサルを受けても、 変にアレンジして受け取っちゃったり(苦笑) (その後を見ていて、 『あ、そういう意味で言ったんじゃないー!💧』ってことが多い) その「仕事」を通して、どんなことを提供して 関わる方にどうなって欲しいか、 そのために自分がなにを真剣にやり遂げたいか。 これがパッと出てくる人は、 私がちょっとしたコツをお伝えした時に すぐにそれを

アロマで簡単セルフケア!ドテラのエッセンシャルオイルで心と体の健康哲学/豊橋・川崎・能登・静岡


最近は「企業女子」なんていう言葉が、ひとり歩きしているようにも思います。


ここに書いてある通り、起業は綺麗ごとではありあせん。

嫌なことも辛いことも、それはそれは山のようにあります。

逃げ出したくなることも、たくさんあります。


でも、それでもやりたいって思えることかどうか?ってすごく重要だと思ってます。

覚悟を決めた時から、「ほんとうのお仕事」になる。


私も、当初は「ほんとうのお仕事」ではなかったと思います。

なんちゃって起業。

なのに、他の人とは一緒にされたくない。

っていうよくわからない感情がうごめいてました。


お客様に価値を提供し喜んでいただくことより、「自分がどう思われるか?」のが重視してたように思います。


でも、そんな状況でスタートしても、一生懸命考えて、壁にぶつかって、泣いてわめいて、踏ん張って、続けることによって、そこの結論に至りました。


だからこそ、わかってないから起業してはいけない。ってことではありません。

本気で取り組むことをやめなければ、きっとどこかで気づきます。


でも、そこまで体力(資金力)がもつかが鍵になってきます。


資金力の乏しい個人事業主は、なるべく早く自分のスタイルを気づき、運転していく必要があります。


途中で手放すことになった方が多いのは、このためだと思います。


私は何もわからないまま、スタートしてしまいましたが、最初に軸を組み立てて、

「お客様にどんな価値を提供できるのか?」

「どんなことをして喜んでいただくのか?」

「それを求める人はどれだけいるのか?」

「価格帯はどれくらいがいいのか?」

「そのターゲットに届けるためには、どんな動きをしたらいいのか?」

最低これくらいのことは、調べてそして、決めてからスタートしたほうがいいと思います。


それでも最初に決めたことと、「あれ?なんかちがうぞ。」ってことがあると思います。

その都度微調整をかけて、チャレンジしてみるしかありません。


そんな努力をしたくないのであれば、起業はおススメしません!


稼ぎたいだけなら、勤めているほうが稼げると思います。

そこでなくてはならない人間になるように、努力していくのも、素敵な人生だと思います。


届けたい想いがあり、提供したい価値があり、そしてあふれる情熱があるからこそ、つらいことがあても乗り越えていけます。


「とにかく、わくわく楽しいことをしてたらうまくいく。」

そんな発信もしていますし、そんなことを書いてある記事もよく見かけます。


でも、つらいことも含めて楽しめるように、考えを切り替えてるから、「わくわく楽しいことだけ」なんです。

ちょっと苦手なこともチャレンジしたり、得意な部分を伸ばしたり、全部含めて、「大好きなこと」って言えますか?


きっとそれができれば、どんなに大変でも乗り越えていけると思います。



今日も読んでいただき、ありがとうございます。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

女性の笑顔のサポーター 

ドレスデザイナー KUMI OHARA 


オーダードレス、オーダーワンピース、オーダー衣装 

豊橋、豊川、新城、浜松、蒲郡、名古屋、岡崎  


●KUMI OHARA Dress Collection~パーティドレス・演奏会ドレス 

●和couture〜和テイストのオーダードレス 

●Liberté〜着るだけで理想のボディ「ボディメイクシリーズ」 

●LALA代理店〜かわいくスタイルアップ!脱がない勝負下着 

●ANALYSHON~骨格スタイル分析・パーソナルカラー診断(三属性分類)などの技術法を駆使したファッション診断 


 【豊橋サロン】 

愛知県豊橋市広小路1-18 ユメックスビル5F トライアルビレッジ内 

【名古屋サロン】 

名古屋市中区大須4丁目1-18 セイジョウビル5F D→START内 


TEL:0533-74-1253(転送) 

完全予約制 

http://www.kumi-ohara.com/ 

お問合せフォーム 

来店予約フォーム 

Dress Designer KUMI OHARA

女性の笑顔のサポーター

0コメント

  • 1000 / 1000